読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漁港の肉子ちゃん

西加奈子さんの作品は

正直あまり得意ではありません。

しかし、本のお名前に魅かれて手に取ってしまいました。

そして、このお話はどうだったかと言いますと

くだらない、前半は実にくだらないです。

なかばになって

そのくだらなさが奥深くなっていきます。

そして、最終的にはそのくだらなさの一つ一つが、感動的な結末の種であることがわかり

結局

涙涙で読み終えました。

※肉の話ではありません。

f:id:hirokorokoroko:20170520094246j:plain