読書

漁港の肉子ちゃん

西加奈子さんの作品は 正直あまり得意ではありません。 しかし、本のお名前に魅かれて手に取ってしまいました。 そして、このお話はどうだったかと言いますと くだらない、前半は実にくだらないです。 なかばになって そのくだらなさが奥深くなっていきます…

ちょっといまから仕事やめてくる

なんとなく気になって手に取ったこちら ちょっと今から仕事やめてくる なかなかですね。 賛否わかれそうですけど。 この本を買ったときは 近く映画化されるということは知りませんでした。 最近映画館の本編前の予告編で この本が映画化されること、 撮影が…

糖質制限

主人がこんな本を読んでいました。 2ヶ月ほど前のことです。 やたらと糖質制限 流行ってますけど。 考え方なので何を責めるというつもりはないのですが。 ダイエット・食事療法というと ・トータル摂取カロリーを制限する人 ・糖質だけ摂取制限する人 大きく…

望郷 湊かなえ

ある瀬戸内海の島を舞台としたサスペンスの短編集です。 生まれ故郷って 帰りたくても帰れないでいる人 帰りたくて帰った人 帰りたくなくても帰らなければならなかった人 帰りたくなくて帰らないでいる人…… いろいろでしょうが。 どんな思いであっても、帰っ…

小さいおうち

女中奉公していたタキさんの語りで物語は進みます。 戦前、戦中、戦後 そして最終章で突然。 別のある人に語り手が変わります。 そこからこのお話の展開が別の方向へ…… 気持ちのいい鳥肌クライマックス。 さすが本屋大賞作品は裏切りがないです。

マリー・アントワネット 

今、六本木で開催されている マリー・アントワネット展 にそろそろ行くのですが その前にお勉強をしようと思いまして 本2冊買いました。 マリーさんは、日本の歴史の授業では 浪費か家の悪い女 と書かれてますが、最近は 本当は悪くなかった という証拠??…